忍者ブログ
Admin / Write / Res
ただいま【真夜中のお茶会】サイト引っ越しのため、こちらでのみの運営。
[62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
遅くなって申し訳ありませんでした~、お待たせしました。
■サイキックハーツ3点セット納品しました。
問題が無ければ近々お手元に届くと思いますので、少々お待ち下さいませ。
今回はリクエストありがとうございました~///

■近況

近況と呼べる物が無いのが哀しいところでしょうか…。
むむう。
そうだなぁ…
前にテレビで見ていたCSIの続きを約2年ぶりくらいにようやく見たって位ですか(笑)
ウォリックが死んでしまって続きはっ!?って所でTV放送が終わりまして
それから見てなかったんですよね~。
ようやく、見れてスッキリ。
やっぱりCSI面白いです、このままツタヤで続きを借りてみるだろうなぁ。

後は~…うーん、銀の匙が面白いかなぁ。
シリアスなテーマなのにギャグノリでストーリー展開していくところが
らしいというか、あの漫画は色々考えさせられますね。
「鋼の~」の時私はTVアニメ派だったので、絵やノリが違いすぎて
残念ながら読めなかったんですが
今回は読めるので嬉しいです。
元々荒川さんの描かれるストーリーは好きです。

お肉…美味しいんですもの(*´∇`*)
食べ物を食べるときに、勿論いちいちその生き物の命について考えないんですが
ちゃんと「いただきます」は言いますよね。
何のために言ってるかは忘れがちですが、忘れちゃいけないですね。
外国の方達がこの「いただきます」って日本の文化はいいねって
論じているブログを読んだ事があって、「ほへー」と思いました。
私達は、ほら小さい時から当たり前にやってるから、改めて言われると
私達の方が考えさせられるというか(*^-^*)

「○○食べるの反対」と声を上げるのは各々の考え方なのでなんとも言いませんが
食べるために色んな人の手がかかっていたり
食物によって自分達の体が生かされているという当たり前の事を忘れては
いけませんよね。
「そこまでして(食してまで)生きたくない」とかかっこいい事言うのは簡単ですが
人間という物に生まれたからにはその運命を全うしたい物です。
欲を受け入れるのもまた、人間として生まれた私達の使命ではないかと
思ったりします。

まぁ、なんであれ、健康やお金、色んな物に恵まれているから
そんな事言えるんだよ、うん。
実際食べるものなくなってひもじい経験してみろって思いますね、
ひもじいって辛いですよね、きっと。
餓死が一番辛いと聞きます、お腹が減って動けなくなった時の壮絶さって…
考えただけでも鳥肌ですよ。
私も体験したこと無いですが…

ワンピースのサンジの話は本当に過酷ですよね。
あの話本当に泣けるんですけど、生きるって力が凄いって思いますよ。
あれ、アニメでやる時になんで色んな所を隠すんだろうと思いましたよ。
まぁ、子供には過酷過ぎるという事なんでしょうが…私はもっとちゃんと
見せても良かったと思いましたよ。
今の子達だって、大人が思うほど何も考えないことはないし、それを消化できないほど
愚かでもないと思いますが。

なんの話してるのか解らなくなりましたが(笑)
凄く大きく手を挙げて、ここで持論を言っても結局私も恵まれているから
言えるわけですが、せめて自分に出来る
感謝するという事、忘れないでいたいと思います。

食欲の秋、恐るべし。
太る太る…(/ー ̄;)シクシク

拍手やコメントありがとうございます。
本当に嬉しく読んでます。
力になります、心の栄養です、ごちそうさまっ!!!!
返信はもう少しお待ち下さいませ、もう少し力のある時に
愛をたっぷり込めて全力で返信させて下さいね(*^・^)チュ☆

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
野崎熾竜(ノザキシリュウ)
自己紹介:
絵描きです。
新しいイラストは■こちら■(Pixivに飛びます)
カウンター
ブログ内検索
フリーエリア
P R

Copyright (c)真夜中のお茶会-雑記帳- All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]