忍者ブログ
Admin / Write / Res
ただいま【真夜中のお茶会】サイト引っ越しのため、こちらでのみの運営。
[81]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170
最後が8月。
水着が終わってばったりして、そのままになってしまいました。
相変わらず、納品がないとここにやってこないというテイタラク。

夏なのに寒かったり、急に暑くなったかと思えば、寒くなったりと
体調を崩して、寝まくっていたり、病院ラッシュだったりで…
お絵かきもしてません つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
せめて落書きくらいやりたいですな。

でも、そんな中でも映画をテレビでみたり、ドラマ見たり、
ゲームしたり(主にこれかな)で、なんとなくぼんやりと過ごしてました。

水着のFLも頂いていたのに反応もなくてごめんなさい。
お二人の方、お気に召して頂けた感じがすごく伝わってきて
やってよかったなぁ~と心が元気になりました。
たくさんの暖かいお言葉ありがとうございました。
本当にすぐに反応返せなくてごめんなさい。嬉しかったです。

そしてそして、今回のノーベル文学賞がカズオ・イシグロ!!!!
凄く凄く嬉しいです。
あの方の作品は「私を離さないで」しか読んだ事はありませんが、がっつり心臓を
つかまれた衝撃作品で、初めて読んでそのまままだ二度目を読めないでいます。
自分の心の整理がつかないのですね~。
ただ、淡々と世界観を書いているその感覚、でも、訴えてくる悲哀?かな?
辛いとか暗い事が言葉を連ねて書いてあるわけじゃないのに、ひしひしと伝わってくる
…んー、なんだろう、人の気持ちなんですが。
そうだなぁ~…

感情のないロボットなんかが、主人と決めた人間に仕えて、その主人が
いなくなっても毎日おなじように淡々と物事をこなすのを見ていると
見ている私たちが何かをおもうでしょう?
ああいう気持ちに襲われます。

いや、「私を離さないで」は、主人公たちが人間だから、だからこそ悲しいのですが。
テレビドラマも再放送するらしいですが、あれはなんていうか違うと思います。
映画も見ましたが、違った。
やはりあの世界観を普通に生きた人間が演じるには、というか、雰囲気を出すには
難しすぎるんだと思う。
何を伝えたいかは人それぞれになるから、きっと書き手、監督さん、演じ手さん
それぞれの感情が入り混じって、伝わらないんじゃないかなぁ~。

大切な、大切な作品です。

カズオ・イシグロさん、受賞おめでとうございますっ!!!!

そして、いない間ぽちぽち拍手ありがとうございます。
こうしてぽちぽちがあるから、こうして帰ってこれます。
見てくれてる人がいないなら、帰ってきてもしょうがないとたぶん思ってしまう。
待っててくれる人がいるって嬉しいですね~。
寒いけど、暖かい~。
また、落書きくらい乗せられるように絵もかきます。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
野崎熾竜(ノザキシリュウ)
自己紹介:
絵描きです。
新しいイラストは■こちら■(Pixivに飛びます)
カウンター
ブログ内検索
フリーエリア
P R

Copyright (c)真夜中のお茶会-雑記帳- All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]