忍者ブログ
Admin / Write / Res
ただいま【真夜中のお茶会】サイト引っ越しのため、こちらでのみの運営。
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2


■TWさん
水着1点納品完了、1点カラー、1点ラフ
イベピン、バトピン2点…両方共構想中。
かなぁ。
まずは水着をという感じ、でも、1週間以内納品の目標を
捨てたわけじゃないので頑張りますっ!!!

EBの水着もたくさん部門があって面白そうです~(*´∇`*)
描かせて頂けたら幸せです///
リクエストお待ちしております♪

■つい…(泣)
途中からでも見てしまうと、見続けてしまうから
見ないようにしてたのに、してたのに…
つい見てしまった。
もう(泣)

あの、ジジのフォルムの可愛い事。
あんまりジジに注目して見た事なかったんですよね。
初めてジジをガン見していたら、あの猫らしいフォルムが可愛いのに気付いた。
あれを習得したい(笑)

何度見ても、最後にジジと話が出来たのかが気になる。
外国版のは、ジジがあっさりしゃべって何事もなかったかのようにハッピーエンドらしいとか…(えー…)
それはそれでどうだよ…と、想像したら思った。
これは日本独特の感性っていうものなんですかね、喋らずに雰囲気に伝えてくるという感覚というか、受け取り側に任せるというか。
うーむ、難しい。
海外の人は何事もはっきりしている方が好きらしいですから、喋ったほうがいいんだろうね、解りやすい物。
かの、FFXの海外版も最後は「I LOVE YOU」になってるとか。
あれは、愛しているって言わない事がいいのに。
抱きしめている感覚(雰囲気)と、感じるもの、本人達だけが解るものがいいのになぁ。
だから、泣けるのに。

FFXは名作です、本当に。

まあ感覚の違いはそれはそれで面白いですし、育ってきた環境が違うから感じ方も色々ですよね。

あ、そう、そう、魔女の宅急便。
私的には昨日の解釈では…
ジジも人間の言葉を覚える。
キキの魔力も関わってジジが付いてきている。
両方があって初めて共通があるのではないかと言う見解でした。

だから、最後キキに魔力が戻って、ジジは普通の猫ではなくてキキの猫に戻った。
だから魔力に寄せられて帰ってきた。
でも、人間の言葉をなくした(捨てた?)ジジの言葉はもうキキには解らない。

とか…かなぁって。

最後のキキの表情から思うに、どーーーーーしても喋れたとは思えないんですよ。

でも、キキの魔力がなくなた時のジジの素振りは明らかに猫でしたし。
エンディングで箒に乗ってるいる事から、普通の猫では箒に乗って空なんて飛びませんから(怖がって)

ジジはキキと同じ年のはずですけど、体も小さいし魔力を持った猫であることは確かなんだと思う。
喋れる事がそんなに重要ではないのではないかなぁとも思ったり。
きっと生まれた小さい黒猫は人間の言葉を覚えていくかもしれないし。
話せなくなってしまうのはとてもとても、寂しいけど。
でも、側にいるし、今まで通り意思の疎通もできるし。

と…ついね、観てしまうんですよ。
何度も見てるから時間温存の為にやめようと思ってるのに、のにー…

早くコクリコ坂からみたいですっ!!!

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
野崎熾竜(ノザキシリュウ)
自己紹介:
絵描きです。
新しいイラストは■こちら■(Pixivに飛びます)
カウンター
ブログ内検索
フリーエリア
P R

Copyright (c)真夜中のお茶会-雑記帳- All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]